トップページ > 肩こりについて > 背骨のゆがみと肩こりの関係

背骨のゆがみと肩こりの関係

揉んでも揉んでも治らないその肩こり。
背骨のゆがみが原因かもしれません

背骨のゆがみと肩こりの関係肩こりで悩んでいる人は多いと思います。
最近ではディスカウントショップなどに行くと、
肩こりや腰痛予防のグッズや、
マッサージ道具がたくさん売ってます。

世の中の人々の興味をそれだけ集めているということは、やはり肩こりなどで悩んでいる人がとても多いということを表しています。

でも、どんな道具を使っても、マッサージチェアにずっと座っても、なかなか肩こりが治らずに悩んでいる人はいないでしょうか。
もしかしたらその原因、背骨のゆがみが原因かもしれません。

背骨のゆがみが肩こりにつながる

背骨と肩こりがどのようにつながるのか、あまりすぐにはピンとこないものだと思います。
しかしそこにはとても重要な因果関係があるのです。

背骨は人体の中でも最も重い部位である頭蓋骨を支えるために、S字のカーブを描いています。
このカーブがクッションの役目を担っているのですが、
日常生活の中で姿勢が崩れたりしているとゆがんでしまいます。

体が右に傾いたり、左に傾いたりしているように、背骨が左右にゆがんでしまっている場合は、体幹の左右のバランスがくずれてしまっており血流もスムーズに流れなくなっている状態です。

この状態だと、肩や首に流れている血流にも影響が出てしまい、乳酸などがたまってコリが発生してしまいます。
また、背骨が歪むのは左右だけではありません。前後にも歪んでしまう可能性があります。

デスクワークでパソコンをずっと扱っていたり、スマートフォンをずっと触っているとどうしても頭部は前傾してしまいます。
結果背骨は前後にも歪んでしまう可能性があります。
この状態は背骨の首や肩の部分で頭部を支えているため当然肩にも負担がかかりコリが発生していまいます。

背骨は左右に歪んでも、前後に歪んでも肩こりを発生させうるのです。

自分自身の背骨のゆがみに気づいていますか

さて、では自分自身の体を考えた時に背骨がゆがんでいると思いますか。
「ゆがむ」と聞くと、背骨がありえない方向にぐにゃっと曲がっているような状態を想像してしまう方にいるかもしれませんが、そういうわけではありません。ほんの微妙に曲がっているだけでも身体状況には如実に影響が出て、肩こりなどの原因になってくるものです。

では曲がっているかどうかはどのように判断したらいいのでしょうか。まずは鏡の前に横向きに立ってください。
その状態で自分の体をよく見てみてください

・頭が前に出ていませんか
・顎が前に突き出ていませんか
・お腹が出ていませんか
・肩が内側に入り込んでいませんか

背骨が曲がってしまうと体のあちこちのバランスが悪くなります。
そしてバランスが崩れた場所をフォローするために他の場所の筋肉が必要以上に緊張してしまい、
結局あちこちのバランスが悪くなってしまいます。それがさらに背骨のゆがみを悪化させてしまいます。

何が背骨をゆがめるのか

背骨のゆがみと肩こりの関係私達が日常生活を送る中では、様々な場面で背骨をゆがめてしまうリスクがあります。

・腕を組む・・・
ふと考え事をしているときなどに無意識の内に腕を組んでいる人はいないでしょうか。腕を組むと人間の重心は前の方に集まります。肩も内側に入り込み、自然と猫背の姿勢になってしまい首や肩に負担がかかり、結果肩こりを引き起こす原因になります。

・足を組む・・・
足を組むのが右が上でも左が上でも人間の体幹はまっすぐな状態を保とうとします。結果背骨はゆがんでしまいます。骨盤も圧迫されてしまうので、背骨だけでなく骨盤が歪んでしまう原因にもなります。

・デスクワーク・・・
普段デスクワークやパソコンをずっとしている方は同じ姿勢のまま一日を過ごしていることが多いと思います。パソコンの位置が目線から下すぎたり、上すぎたりするとそれだけで頭を支えている首や肩には負担がかかってしまいますし、背骨も前後に負荷がかかってしまいます。

・頬杖をついてしまう・・・
デスクワークの最中に少しだけ息をつこうと頬杖をついたりすることもあると思います。これも危険なのです。重心が片側によってしまい、体重が左右どちらかの臀部に集中していまいます。これも体幹はまっすぐを保とうとするために結果背骨が歪んでしまいますし、不自然な負荷がかかっている骨盤にも悪影響が出てしまいます。

以上のように私達が日々過ごす中で、背骨がゆがんでしまうタイミングはあちこちにあります。
しかしそれらを放置しておくと首や肩に不自然な負荷が掛かり続けてしまうことになり、
慢性的な肩こりなどを誘引してしまうのです。

もしなかなか治らない肩こりに悩んでいるのであれば、背骨の歪みを疑ってみてください。
そしてそれは日々の習慣が原因になっているものかもしれません。

しっかりと自分自身の暮らしを見直し、
肩こりのない生活を手に入れましょう。



お問い合わせはこちら
地図

安井整骨院・整体院には成増、赤塚(板橋区)、旭町(練馬区)、白子(和光市)などからもご来院いただいています。