トップページ > 肩こりについて > 単なる肩こりと思って甘く見てませんか?

単なる肩こりと思って甘く見てませんか?

毎日毎日仕事に家事に忙しい方。肩こりに悩んでませんか。

単なる肩こりと思って甘く見てませんか?一日中パソコンに向かって目を凝らしてキーボードを叩いた後や、長時間運転をした後、売り場に1日立った後、業種はさまざまでも肩こりは共通しておこる疲労のサインではないでしょうか。

ホームセンターや100円均一で売ってあるマッサージ道具がいつの間にか家中に転がっているのに気づいてびっくりしたことはないでしょうか。肩こりを予防するには、実は肩甲骨を動かすのってすごく大事らしいです。

腕だけなら日々の暮らしの中でいくらでも動かしてますが、これが肩甲骨の部分も一緒に動いているか、と聞かれるとちょっと考えてしまいます。腕を大きく回しただけでも肩甲骨は動きますが、そんなに腕を大回りすることって意識しないとなかななかありませんよね。

カンフー映画で、主役のブルース・リーが前かがみの状態から肩甲骨をボキボキっと、
見たことないくらい浮き上がらせていたのを見ましたが、動かそうと思えば肩甲骨の可動域ってかなり広いものです。
でも日々の暮らしの中で、肩でも肩甲骨でも、動かさずに同じ姿勢ばかり続いていると、
どんどん凝り固まっていってしまいます。

たまの休みにはマッサージや整体に行って背中から肩にかけてをじっくり揉んだり、動かしたりしてほしいものですが、
あまり疲労が溜まりすぎると、自分で触っただけでガチガチに筋肉が硬くなっていることに
気付いてびっくりすることもあります。

マッサージ師や整体師もびっくりするくらい硬くなってると、
それはもう単なる肩こりだけの悩みだけでなく、吐き気やめまいも併発しているはずです。

肩こりからくる気分不良

肩こりとはつまり、疲労がどのように起因して起こっているのでしょうか。
肩こりには、僧帽筋と呼ばれる肩首背中に渡る筋肉が関係しています。筋肉を酷使したり、
同じ姿勢をとり続けることで疲労が溜まり、血流が悪くなり老廃物が溜まっていきます。

結果筋肉が弾力を失って「こり」と言われる症状が出現するのです。
この弾力を失った筋肉や、たまった乳酸などが、 神経を圧迫して痛みを感じるのです。
こっている部分が首に近くなると、また症状が変わってきます。
というのも、首の近くにはたくさんの神経が集まっており、これらが圧迫されることで、
めまいや吐き気、手足のしびれなどの症状が出てくることさえあるのです。
肩こりだと思って放っておくと、重篤なものになると、目が回って立っていることすらできなくなったりします。

私たちはいつも5kgのお米の袋を抱えて生きている

私たちはいつも5kgのお米の袋を抱えて生きている私たちの頭は、大体平均で5kgほどあると言われています。
つまりよくある袋入りのお米を首から上で抱えたまま歩いたり、仕事をしたりしているわけですね。
当然肩にも相当の負担がかかりますので、肩こりや首がこってしまうのも当然と言えば当然ですよね。
そして、筋肉というのは歳をとるごとに残念ながら減っていくものです。

しかし頭の重さというのはそこまで減るものではありません。
高齢になればなるほど肩こりがひどくなるのはこれが原因ですね。
そして、男性より筋肉が少ない女性の方が肩こりに悩む人が多いのも同様の理由です。

肩こりが伝える病気のサイン

また、前述のように、肩こりの痛みは神経からきているのですが、
つまり、筋肉疲労とは関係ない内臓疾患からくる刺激が
神経を伝達して痛みとして感じている場合もあるのです。

普通の肩こりならば、体を伸ばしてリラックスしたり、休憩したりするとある程度緩和するものなのですが、
それが全く緩和せず、むしろ時間を追うごとにひどくなっていったりする場合は
どこか別の部位の疾患を疑わなくてはなりません。

例えば左ばかりが肩こりを場合は、
それは心臓病を疑わなくてはならないかもしれないのです。
その他にも、胃、肝臓、肺などの疾患や、
糖尿病も肩こりとして症状が出現することがあります。

注意すべき肩こり症状

・ずっと肩周辺の同じ場所ばかりが痛んでいる
・腕や指先に痺れがある
・整体やマッサージに行っても回復しない
・横になったりして、楽な姿勢をとっても肩の痛みがひかない

もし慢性的にこれらのような肩こり症状がずっと続いているのであれば、
病院で診察を受けることをおすすめします。

肩がこったり、肩が痛くなったり、肩が重くなったり、
肩が固くなったりは確かによくある症状ですが、実は肩こりの奥にもっと別の症状が隠れているかもしれないのです。



お問い合わせはこちら
地図

安井整骨院・整体院には成増、赤塚(板橋区)、旭町(練馬区)、白子(和光市)などからもご来院いただいています。