トップページ > 肩こりについて > 肩こりに良い姿勢で、健康美人になろう

肩こりに良い姿勢で、健康美人になろう

肩こりに猫背は禁物。

p445年齢相応に見られないスタイルが悪く見えてしまうなど、
猫背であることで深刻に悩んでいる人が多くいます。
猫背は見た目が良くないこと以外にも、身体にとって悪影響を及ぼします。

意外に思うかもしれませんが、猫背によって内臓疾患や肌荒れの原因になることもあります。
猫背は内臓を圧迫し、
その結果、内臓機能の低下を招き、さらにそれが原因で肌荒れ・ニキビを招くのです。

さて、猫背の弊害と言えば・・・?
という質問をすると多くの人が「肩こり」と答えるのではないでしょうか。
猫背が原因の肩こりの場合、根本的な原因である姿勢を正さなければ、
マッサージや湿布薬を施したとしても、その場しのぎになってしまうでしょう。

しかし、猫背は長年染みついた癖のようなもの。
姿勢を正して、肩こりを楽にするのも一筋縄にはいきません。

何故、猫背になると肩こりが起きるかというと、
頭をどこが支えるかということが関係します。
頭は体重の約10%も重さがあります。正しい姿勢の場合、
その重たい頭を身体全体で支えることが出来ます。

しかし、猫背になると頭が前に出て、
前傾姿勢になりほとんど首と肩だけで支えなくてはいけません。
こうして負担を掛けることにより、肩こりの原因となるのです。

さらに胸筋が縮こまることで、肩甲骨の可動域が狭まります。
そうすると肩の動きが悪くなり、肩こりの原因となるのです。

猫背は肩がこりやすいのとは逆に肩こりに良い姿勢もあります。

猫背の人に「姿勢を正してください」と言うと、
ほとんどの場合、誤った姿勢をしています。

例えば腰に力が入りすぎていたり、背中の余計な筋肉を使っていたり・・・。
まず立ち姿勢ですが、shisei_woman_bad
壁に背中をつけた時に後頭部・背中・お尻が軽く触れている状態が正しい姿勢です。
コツは頭のてっぺんが天から引っ張られているようなイメージを持ってください。

そしておしりの穴を引き締めます。
おしりの穴を引き締めると連動して腹筋も引き締まります。
腹筋が締まることで、スタイルを維持することも出来ます。

続いて座り姿勢も大切です。
特にデスクワークに従事している人は猫背になりがち。
パソコンを見る時には姿勢が悪くなりやすいのです。

パソコンの画面を見つめることで、自然と頭が前に傾きやすく、
首や肩に負担が掛かりやすくなります。
椅子に座る時もポイントはお尻の穴を意識することです。
背もたれがある場合でも、こぶし分ぐらい開けて座ります。

また、頭が前に傾きすぎないよう意識的に注意しましょう。
とは言え、仕事に集中すると姿勢に注意するのを忘れてしまうのは当然です。

そこで、無意識に姿勢が楽になる裏技があります

それは、作業する対象(例えば書類やキーボード)を机の前際、
胸の前に持ってくることです。作業の対象物が奥に行けば行くほど、
腕を伸ばさなければ届かなくなります。

そうすると自ずと肩を中心に上半身ごと前傾姿勢になり、
猫背になってしまいます。

逆に対象物が胸の前にあると肘を曲げて作業することが可能です。
この肘を曲げるというのが、良い姿勢になる為の重要なポイントで、
肘を後ろに向けることによって、肩が開き正しい姿勢を保つことが出来るのです。

ところで、是非、猫背が原因の肩こりに悩んでいる人に試してほしいストレッチがあります。

まず、肩と腕が一直線になるように腕を左右に開き、
肘を垂直に曲げます。そこから少し肩甲骨を閉じ、
上下にゆっくり10回動かします。たったこれだけですが、
とても猫背と肩こりにとって良い動きなんです。

どうしても続けられないという人は、

例えばトイレに入った時にストレッチするよう意識づけしてみてください。
人間がトイレに行く回数はだいたい1日6回前後。その度にこの運動をすれば、
10回×6セット行えます。
1分とかからない運動ですから、仕事中でも行うことが出来ます
。これを1カ月続けることで「意識していないのに、姿勢が良くなったと言われた」
「肩こりに悩まなくなった」という体験談が寄せられています。

猫背は百病の元と言われています。肩こりは眼精疲労や頭痛を招くことがあります。
どちらも身体にとって良いことではありません。

軽い症状の内に簡単な対策をしてくださいね。



お問い合わせはこちら
地図

安井整骨院・整体院には成増、赤塚(板橋区)、旭町(練馬区)、白子(和光市)などからもご来院いただいています。